理念このページを印刷する - 理念

”病む人に心の通う 質の高い医療をめざします”

基本方針

基本理念実現のために
  1. 職員は常に研鑽に励み、安全で、より良い医療(高度な医療)の提供につとめます
  2. 全ての患者さんの医療を受ける権利を尊重し、心のこもった支援をめざします
  3. 周辺の医療機関と連携・協力し、継続的に安定した効率の良い医療をめざします

患者の権利・義務憲章

医療は、患者さんと医療提供者の信頼関係で成り立っています。
私たちは、「病む人に心の通う質の高い医療」の理念のもと安全で質の高いより良い医療を提供し、信頼され安心して受診できる病院、来て良かった病院を目指しています。
これらの実現のために患者の権利を明確にし、これを尊重するとともに、効果的な治療を行うにあたり患者さんに守っていただきたい義務についても定め、「患者の権利・義務憲章」として制定します。

権利

  1. 公平に医療を受ける権利
    いかなる差別もなく、適切な医学水準に基づいた安全かつ効果的な医療を受ける権利があります。
  2. 個人として尊重される権利
    個人としてその価値観を尊重され、自らの意見を述べる権利があります。
  3. 説明と情報提供を受ける権利
    自分の健康状態について、説明と情報提供を受け質問する権利があります。
  4. 自らの意志で選択・決定する権利
    自分の意志で治療方法等を決定する権利があります。そのために、診療情報の開示や複数の専門医の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。
  5. プライバシー保護の権利
    診療過程で得られた個人情報及びプライバシーを守られる権利があります。

義務

  1. 医療者側に情報を知らせる義務
    診療にあたって、ご自分の既往歴、病状の変化、現在の症状等の情報をできる限り正確に医師や看護師に知らせる義務があります。
  2. 規則や指示を守る義務
    すべての患者さんが適切な環境で治療が受けられるよう、社会的なルールや病院の規則、職員の指示を守る義務があります。
  3. 医療費の支払い義務
    適切な医療を維持していただくために、医療費を遅滞なくお支払いいただく義務があります。