沿革このページを印刷する - 沿革

昭和48年4月 国立所沢病院と国立豊岡病院が統合し、国立西埼玉中央病院として発足
昭和49年4月 国立西埼玉中央病院附属高等看護学院発足(昭和50年看護学校と改称)
昭和51年4月 臨床研修指定病院となる
昭和53年4月 所沢市立若狭小学校若葉分校発足
昭和55年4月 病院群輪番制病院となり第二次救急医療を担当
昭和57年2月 母子医療センターを開設
平成11年3月 国立病院・療養所再編計画の見直しにより、専門医療施設として位置づけられる
平成12年4月 NICU開設
平成13年1月 省庁再編により厚生労働省所管となる
平成13年3月 再編成計画による診療機能の基本方針が示され、「がんの診療」、「成育医療」、「内分泌・代謝疾患の診療」及び「エイズの診療」を政策医療として行う施設となる
平成16年4月 独立行政法人国立病院機構西埼玉中央病院として発足
平成22年6月 新病棟オープン
平成24年7月 埼玉県より地域医療支援病院の承認
平成24年10月 NICU・GCU休止
平成30年7月 NICU3床を2階病棟にて再開