看護部このページを印刷する - 看護部

 当院は地域密着型の一般急性期病院で、所沢市と入間市のほぼ中間に位置し、武蔵野特有のクヌギ林に囲まれた閑静な環境の地にあります。主にがん、成育医療、内分泌・代謝疾患に関し、専門性の高い医療を担っています。
 看護部は、「心のこもったあたたかい看護の提供」を理念とし、地域の皆様から信頼され、安全で安心できる看護を提供できるように、職員一丸となって日々努力しております。 急性期の看護から回復期、慢性期、緩和ケア、在宅支援等様々な分野において、看護の基礎から専門的知識・技術を習得できる環境がそろっています。 アットホームな雰囲気の中で、看護職員一人ひとりが、活き活きと働きながら自己成長していけるように支援しています。

看護部の理念・方針

理念

 心のこもったあたたかい看護の提供を目指します。

方針

  1. 患者さまの人権を尊重し、自己決定をサポートする。
  2. 安全で質の高い看護の提供に努める。
  3. 看護活動を通して、地域に貢献する。
  4. 専門職として、常に看護の本質を追究し、科学的・創造的・主体的な看護を目指し、日々研鑽する。

 看護部は、上記の理念・方針に基づき患者さんに適切な看護サービスが提供できるよう日々研鑽し努力をしております。当院の診療機能である地域周産期母子医療センターやがん診療、糖尿病疾患、循環器疾患の看護についてはさらに独自の看護を展開し、患者さんの安全を第一に考えた質の高いあたたかい看護の提供に努めております。看護職員の教育・研修にも力をいれておりますので各部署のホームページをアクセスしご覧いただければ幸いです。

看護部院内教育

 当院では、教育担当看護師長を配置し、専門職業人としての自覚を持ち、国立病院機構が担う医療を推進する看護実践能力を備えた看護師を育成します。「院内教育」、「能力開発プログラム」、「部署の教育計画」をリンクさせた段階的な教育プログラムとなっています。
 e-ラーニングを導入し院内研修への活用と自己学習をサポートしています。

教育目的

  1. すぐれた看護実践能力を発揮し、自己研鑽できる看護師を育成する。

看護部の教育理念

  1. 看護部の理念に基づき安全で質の高い看護サービスを提供できる看護職の育成を目指す。
  2. 個々の職員のニーズと目標を尊重し、専門職業人としての成長・発達ができるように支援する。

教育目標

  1. 専門職業人として、エビデンスに基づいた看護実践ができる。
  2. 組織および医療チームの一員としての役割を認識し、責任を果たせる。
  3. 看護の質の向上をめざした研究的態度を持つことができる。
  4. 教育施設としての役割を把握し、後輩・学生への適切な指導ができる。

教育体系

教育体系
教育体系

新人支援体制

新人支援体制

新人ナースの1年間

新人ナースの1年間

【新人ナースの名札にはかるがもマーク】


ひよこマーク

キャリアラダー研修内容(令和2年度)
*自ら考え行動するジェネラリストナースの育成を目指して!*

レベル テーマ 方法 研修日時
看護技術研修
 ・真空採血管を用いた採血※1
 ・点滴準備・輸液管理
講義・演習 4月
新採用者オリエンテーション内
医療安全と事故防止 講義・演習 5月
救急看護 講義・演習 6月
3ヶ月目の振り返り 認知行動療法・GW 7月
フォローアップ シャドウイング受け振り返り 9月~12月
患者の状況に応じた看護技術の提供※2 演習・GW 9月
静脈注射 講義 10月
看護倫理 講義・GW 1月
看護観(課題研修) レポート、部署内発表 2月~3月
1年の振り返り GW 3月
看護過程※3 講義・GW・OJT 6月
メンバーシップⅠ・Ⅱ
リーダーシップの理解Ⅰ・Ⅱ
演習・GW・OJT
講義・演習・GW・課題OJT
5月・12月
6月・1月
ナラティブを活用した看護倫理   10月
症例研究
【サポート研修】
・看護研究基礎
・文献検索
ガイダンス・OJT・発表会
 
講義・演習
5月~2月
看護の質と医療の経済評価 講義 7月
リーダーナースのための看護管理 講義・実習・OJT 9月
看護を語る会 GW 11月
倫理的視点に基づく看護実践Ⅰ・Ⅱ 講義・GW・OJT 11月
仕事の質向上―グッドジョブ活動― 自主学習活動・発表会 5月~2月
トピックス 認知症看護 講義・GW 1月
役割別 プリセプターフォローアップⅠ 講義・GW 6月
プリセプターフォローアップⅡ 講義・GW 10月
実習指導 講義・GW 7月
共育をはじめよう(プリセプター準備研修) 講義・演習 2月

研修風景

※1 真空採血管を用いた採血 ※2 患者の状況に応じた看護技術の提供 ※3 看護過程
真空採血管を用いた採血 患者の状況に応じた看護技術の提供 看護過程

2020年度 新採用者

2020年度新採用者