手術室このページを印刷する - 手術室

 手術室は年間1500~1800件の手術に対応し、手術を受ける患者さんの侵襲を最小限にとどめ、手術が安全に実施されるように専門知識と熟達した技術、倫理感をもって日常の業務を行っています。看護師は手術対応だけでなく、術前訪問を行い患者さんの手術に対する不安の軽減に努め、手術に必要な説明と情報収集を行います。また術後訪問では行った看護の評価・振り返りを行うことでより安全で質の高い看護が提供できるよう努めています。
 年間をとおして学習会や看護研究に取り組み、知識・技術の向上を図りながら麻酔科・医師・臨床工学技士・コメディカル部門とも協力・連携をとっています。
 子育て中の看護師も多く、20代~50代と幅広い年齢層の看護師がそれぞれの経験を語り、助け合いながら働いています。


手術室写真
手術室写真