7階病棟 外科・婦人科このページを印刷する - 7階病棟 外科・婦人科

 外科は消化器系(胃・十二指腸・肝臓・膵臓・大腸・肛門)、乳腺、甲状腺などの疾患、婦人科は婦人科領域のがん治療を含め、子宮筋腫や卵巣のう腫などの疾患を対象とし手術と化学療法を行っています。入院日数の短縮が図られている中でも、術前・術後・退院日まで安心して入院生活を送っていただけますように、一人一人の患者さんの状態に合わせた指導やケアを提供しています。化学療法においては、主治医や化学療法認定看護師、薬剤師との連携を密にして安全かつ安心できる療養環境を提供しています。
 終末期には、患者・家族のみなさんの気持ちに沿ったホスピス精神で苦痛の緩和や癒しのケアを提供できるように努めています。がん性疼痛認定看護師、緩和ケア認定看護師、臨床心理士、薬剤師と連携して、患者さまのケアや薬剤の調節など、状態に応じて迅速に対応できるようにしています。
 「この病院・この病棟に入院してよかった」と思っていただけるよう、日々研鑚し、患者さんを中心とした看護の提供ができるよう努めています。


食道裂孔ヘルニア