リハビリテーション科このページを印刷する - リハビリテーション科

機能訓練室
機能訓練室

 当院では、各科からの依頼に基づき、入院中の患者さんに対しリハビリテーションを実施しています。手術後早期に退院し、引き続きリハビリが必要な場合は、外来でのリハビリを継続します。早期からリハビリを開始することで、患者さんの機能低下を予防し、すみやかな社会復帰が可能になります。患者さんご本人の希望をもとに、ご家族、医師、看護師、地域サービス、医療ソーシャルワーカーと連携を取りながら、患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)を考え、機能・能力面の向上を目指します。

スタッフ

リハビリテーション科スタッフ

リハビリテーション科スタッフ

リハビリテーション専任医(整形外科医) 1名
理学療法士 8名
作業療法士 3名
言語聴覚士 1名

リハビリテーション科 施設基準

a) 運動器リハビリテーション料 Ⅰ
b) 脳血管疾患等リハビリテーション料 Ⅲ
c) 呼吸器リハビリテーション料 Ⅱ

診療内容

 整形外科、脳神経外科、外科などの術後早期・廃用症候群など、幅広い疾患に対して、リハビリを実施しています。

整形外科

リハビリテーション科-整形外科

 骨折、リウマチ、変形性関節症、脊椎疾患などの患者さんに対し、疼痛や全身状態を考慮しながら、関節可動域訓練、筋力増強訓練、動作練習を行います。当院では術後1日目からベッドサイドでのリハビリを開始し、状態に合わせて活動の場を病棟内から病院内、やがて家庭、仕事復帰へと拡げてゆきます。

脳神経外科

リハビリテーション科-脳神経外科

 脳卒中や、くも膜下出血等により身体に麻痺が生じた患者さんに対し、ベッドサイドでの早期リハビリを開始。状態にあわせて訓練室での麻痺の回復を促す手技や、装具を用いての動作歩行訓練等を行います。また、作業療法部門では高次脳機能訓練や日常生活動作訓練を行っています。

外科・内科

リハビリテーション科-外科・内科

 外科手術後の患者さんに対し、体調や傷の回復具合に応じて日常生活が自立してゆくためのリハビリを行います。また、ベッド上臥床等に伴う体力や筋力低下により運動・歩行が困難になった患者さん対し、運動機能を回復する為のリハビリを行います。

目標

 当科の役割は、疾病や障害を持つ患者さんの家庭社会復帰を可能な限り支援していくことです。あくまでも退院後の生活が患者さんにとって重要と考えております。我々スタッフは、患者さんが退院後の本番の生活に向けてスタートラインに立てるようにお手伝いをさせていただきます。

リハビリテーション科-目標

診療内容割合

リハビリテーション科-診療内容割合

院内・院外活動

リハビリテーション科-院内・院外活動

 リハビリテーション科では、院内で定期的に実施されている褥瘡回診への参加や、ポジショニング講習会、看護師向けの呼吸療法の勉強会を実施しています。
 また、院外活動として、市民公開講座で、テーマに沿ったリハビリ関連のトピックスを紹介しています。平成25年度は高齢者介護について、平成26年度はロコモティブシンドロームについて講演しました(写真は平成26年度の市民公開講座の様子)。